N_life style

パパママ応援!家計・家事情報ブログ

年120,000円節約!格安SIMという選択

f:id:nlifestyle:20190409184139p:plain

こんにちは。西(@n_lifestyle27)です。

今回は"格安SIM"についてご説明いたします。今では世間一般的に浸透している「格安SIM」。

我が家も2018年より大手携帯会社から格安SIMに乗り換えて月約10,000円の節約に成功しました!年単位だと12万円の節約

一体どのようなもので、どれくらい安くなるのでしょうか?

 格安SIMとは?

通信設備を持つ事業者を「MNO」、通信設備を借り受けてサービスを提供する事業者を「MVNO」と呼び、MVNOのサービスはキャリア回線よりも安いプランが用意されているので、一般的に「格安SIM」と呼ばれています。

なんのこっちゃと言った感じですね。w

では、下記よりメリットデメリットについてお話しします。

 

格安SIMはなぜ安いのか?

現在格安SIMの会社はたくさんありプランも様々です。

f:id:nlifestyle:20190215173655j:plain

そもそもなんで格安SIMは安いのか?というと…

  • 大手携帯キャリアから回線を借りてサービスを販売しているから
  • 実店舗を持たず常駐スタッフを置く必要がない分、設備費や人件費がかかっていないから

 

という点があげられます。

 

実はこれデメリットでもあって、

回線を借りている→大手キャリアより通信が遅い

実店舗がない→サポート面は薄い

ということにも繋がります。

他にも

  • キャリア決済・キャリアメールなどのキャリア独自のサービスが使えない
  • ほぼどの会社もクレジットカード払い

など、安いなりの理由があります。

 

そのため、まだまだ大手キャリアを使用してる人は8割にもおよぶそうです!

f:id:nlifestyle:20190215173652j:plain

格安SIMユーザーもっといるかと…

 

格安SIMを選ぶ理由

でもやっぱりなんといっても、格安SIMは圧倒的に安い

それに加え

  • 今は通信速度も申し分ない
  • 実店舗をかまえてる会社は何社もある
  • それぞれの売りである豊富なプランから必要なものだけ選べる
  • 解約までの2年縛りがない

 

という、メリットがあります。

 

しっかりと自分に合った格安SIMを選べば、満足度は変わらず劇的にに月々の通信料金を抑えることが可能です!

 

格安SIMの種類とメリット

今回は独断と偏見を交えて、簡単に各会社のメリットをご説明させていただきます。

 

通話時間が長い方ならY!mobile

ソフトバンクがサブブランドで提供しているY!mobileは、通信速度も申し分なく、混雑する場所や時間帯でも快適に使用することができます。

また、国内の通話料金が10分以内だったら何回かけても無料の定額サービスや、通話時間無制限のかけ放題プランもあり、通話をよく利用される方はY!mobileがおすすめです。

www.ymobile.jp

 

通信速度と価格で選ぶならUQmobile 

UQmobileの本家は、皆様ご存知au byKDDI。そのau回線と大差ないほどの安定感を誇り、他社のMVNO回線と比べるとぶっちぎりで速いという情報あり。

UQ mobileの通話プランには基本料金の中に5分通話定額(おしゃべりプラン)や無料通話(ぴったりプラン)が付いてきます。通話をあまりしない人にも、値段が安くて無料通話がない「データ高速プラン」「データ無制限プラン」というプランがあります。

www.uqwimax.jp

UQmobileでは、UQ WiMAXというモバイルWi-Fiルーターも取り扱っております。

モバイルWi-Fiルーターとは…

簡単な設定をするだけで家でも外でも自由にインターネットが楽しめる通信端末のことです。

 

UQ WiMAXのメリット6つ
  1. 工事不要で即開通
  2. 配線がないのでスッキリしている
  3. モバイルWi-Fiルーターなら持ち運べるのでスタイルに合わせて使い方も自由
  4. 超速ネットでサクサク使える
  5. WiMAX1台でパソコンやスマホなど同時接続可能
  6. 月間データ容量無制限で月々4,380円

 

\ コチラ⇩からの登録がお得! /

 

総合的な人気で選ぶならmineo

mineoは、au回線を利用したAプランとドコモ回線を利用したDプランがあり、マルチキャリアに対応しています。そのため、これまで利用してきたドコモやauのからmineoに乗り換えるのも容易です。

料金プランが豊富なので、自分に合ったプランを選ぶことができ、通常設定される2年縛りがないため、いつでも解約可能なところも魅力的です。

mineo.jp

 

家族で格安SIMにするならIIJmio

docomoとauの2キャリアの端末を利用でき、最大10回線まで1契約の高速通信容量を共有することで全回線の合計料金を安く抑えることができる「ファミリーシェアプラン」が特徴です。

また、IIJmioは新型iPhoneやiOSのバージョンアップ時はいち早く動作の確認を実施し報告してくれます。スマホセットが定価よりも安く購入できるのも特徴です。

www.iijmio.jp

 

容量が小さくてもよくて最安を狙うならDMMモバイル

標準的な速度のMVNOの中でトップクラスの安さで、インターネットのみ使用のデータ通信SIMプランが1GBなんと480円!インターネットと音声通話両方使える通話対応SIMプランでも1GB1260円と破格です。

パケット追加購入も1GB480円と他社と比べてかなり安いことがわかります。

SIMカードを2~3枚契約される方はシェアコースもあります。

mvno.dmm.com

 

LINEをメインで使用する方ならLINEモバイル

LINEモバイルのプランはシンプルで、対象サービスのデータ通信量を消費しない、データフリー・LINEアプリの通話およびトークのデータ消費ゼロのLINEフリー・LINE、Twitter、Facebook、Instagramの消費ゼロのコミュニケーションフリー・LINE MUSICと主要のSNSデータ消費ゼロの4つです。

LINEを主に使用される方にオススメです。

mobile.line.me

 

データ使用量が多いならU-mobil

U-mobileのプランには、毎月の容量に縛られない「LTE使い放題」のプランがあります。200kbpsや500kbpsの低速で無制限で使えるプランはいくつかありますが、下りの最大速度が150Mpbs以上のLTE通信で、なおかつ使い放題の格安SIMはU-mobileの他にはb-mobileしかありません。

一般的な格安SIMの高速通信容量では足りないという方は、U-mobile使い放題をオススメします。

umobile.jp

 

動画や音楽を楽しむなBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルには、エンタメフリーオプションというものがあり、YouTubeなど対象の動画や音楽を定額料金でデータ通信量の制限なく、スマホでお好きなだけ楽しめます。 さらに、2019年3月よりLINE MUSICや人気のFacebook Messengerなどが続々拡充。

join.biglobe.ne.jp

 

年12万節約を達成した我が家の契約した格安SIMは⁉

ちなみに我が家が使用しているのは、Y!mobileです。

理由は、旦那さんが仕事で通話を主に使用するので、かけ放題のあるY!mobile  に乗り換えました。

西家の1ヶ月の通信費

西:2GBの契約で約2,000円

旦那さん:3GBでなおかつかけ放題プランで約3,000円

インターネット回線:ソフトバンクエアーの契約で約5,000円

合計 約10,000円

使用感としては、通常使用する分には大手と変わりありません

かけ放題があるおかげで通話料は気にしなくていいため、仕事でも使用する頻度が高い我が家にとっては、とてもありがたいです。

 他社の格安SIMも魅力的なプランやキャンペーンを実施しているため、我が家では今後も要検討案件です。

 

大手からの乗り換えで年間12万円の節約は大きいため、思い切って乗り換えて本当によかったと思っています。

 

乗り換え時の注意点

  • 格安SIMに乗り換える際、お手持ちのスマホを継続して使用する場合、以前使っていたキャリアにてSIMフリーの手続きをしていただく必要があります。その時手数料が3,000円ほどかかりました。
  • 現在お使いのキャリアの契約期間内の解約は違約金約9,800円~29,800円がかかってきて、場合によっては一括で支払わなければいけません。契約更新期間での乗り換えをオススメします。

 

最後に

みなさんは、年間12万円浮いたら何に使いますか?

固定費の中で1番削りやすいのが、保険と通信費なので、今一度見直してみてはいかがでしょうか?

一度切り換えてしまえば、毎月確実に節約できますよ。

 最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。