N_life style

パパママ応援!家計・家事情報ブログ

貯金成功の近道⁉始める前に必ずやるべき家計の見直し方法

f:id:nlifestyle:20190409184026p:plain

こんにちは。西(@n_lifestyle27)です。

前回のプロフィール記事⇩

www.nlifestyle.work

を、読んでいただいた方はご存知だと思いますが、西は産休・育休中に家計の見直しをして、年250万円の貯金に成功いたしました。

今回は、元浪費家の西が、いかにして貯金に成功したのか?を順を追って説明していきたいと思います。

最後までお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

貯金への第一歩!まずは『家計の現状把握』

f:id:nlifestyle:20190411123030j:plain

西が家計を見直す際に1番最初に思ったことは、

旦那さんのお給料で生活できたら、自動的に私の給料を貯金にまわせるのでは?

という、なんとも安直な考えでした。←

 それを実行すべく、まず行ったのが『家計の現状把握』です。今どこにどのくらいお金が使われているのかを簡単に書き出していきました。

 

書き出すポイント

"家計簿"を使わないこと!カタチから入ると失敗しやすいので、書き出すものはルーズリーフでもチラシの裏でもOKです。

 ひとつ注意してほしいのが、《現実を見ることになるので、メンタルに気をつけてください。》ということですね。w

 

\  以前の我が家の家計がコチラ  /

f:id:nlifestyle:20190215184548j:plain

見ての通りの大赤字\(^o^)/オワタww

今だから笑える話なのですが、この書き出しを行った当時は産休入ってすぐの時だったので、背筋が凍りつきました。今後私の収入も減る上に子ども用品もかかってくるのにどうやって生活したらいいのか、と不安でたまりませんでした。

 

指標にするべし!『家計の黄金比率』

家計の現状把握を行った後、改善するにあたって参考にしたのが、理想の支出の目安をあらわす『家計の黄金比率』でした。

f:id:nlifestyle:20190411124026p:plain

こちらの円グラフ⇧がそうなんですが、家庭を持った方や一人暮らしの方等、どんな家庭にもあてはまる比率になっています。

こちらに照らし合わせて、どこをどう削ればいいのか?果たして削れるのか?を検討しました。

 

我が家の旦那さんの給料(月20万円)を、家計の黄金比率に当てはめると…

我が家の黄金比率

住居費(25%):50,000円

食費(14%):28,000円

教育・子供費(12%):24,000円

貯蓄(10%):20,000円

お小遣い(10%):20,000円

保険料(7%):14,000円

水道光熱費(7%):14,000円

通信費(7%):14,000円

日用品費(2%):4,000円

貯金は私の給与で行うため、貯蓄の10%は他に割振れる計算になります。

 

家計の黄金比率を提唱するファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの著書はコチラ⇩

年収200万円からの貯金生活宣言 [ 横山 光昭 ]

価格:1,296円
(2019/4/11 13:09時点)

自動的に貯金できる!貯金の仕組み化

前述した通り、我が家の場合、まず、旦那さんの給与を支出用にしました。

f:id:nlifestyle:20190215184628j:plain

固定費を全て旦那さんの楽天カードから引き落としにし、KyashとPayPayを繋げて食費等はそちらからの支払いにすることでポイント3.5%還元を実現。

\ ”Kyash"についてはコチラ⇩の記事 /

www.nlifestyle.work

 

f:id:nlifestyle:20190215184646j:plain

そして、私の給与は貯金用に。楽天銀行をメインバンクにすることで、普通預金の金利が0.1%、定期預金が0.21%を実現できました。

娘ちゃんの口座も別につくって、そちらに直接、児童手当が振り込まれるようにし、+αで月15,000円貯金と学資保険を組み合わせて、大学入学までに約600万円貯まる予定です。

www.nlifestyle.work

余ったお金は定期預金に回して家族の貯金にし、さらに余ったりボーナスが入った場合は、冠婚葬祭や家電買い替えなどの突然の出費に備えています。

 こうすることで自動的に貯金できるシステムを自ら構築し、貯金体質をつくっていきました。

 

最終段階!固定費の削減の仕方

いくら仕組み化しても、そもそもが旦那さんの給料で生活できないと意味がないので、固定費削減にも踏み出しました。

 \  改善した結果がコチラ ⇩ /

f:id:nlifestyle:20190215184530j:plain

家計の黄金比と見比べたときに、家賃が高かったため、育休中に思い切って引っ越しました!引っ越し費用は基本的に、1年以上住む場合は必ずペイできます

その他にも一項目づつ見直し、絞れるところは絞っていった結果、黒字家計へと変わっていきました。当ブログでも様々な節約術をご紹介しているので、参考にしていただけたら幸いです。

www.nlifestyle.work

家計はすぐ劇的に変わるということはよほどの努力をしない限り、ほぼないと思っていただいた方がいいかもしれません。

節約に取り組んですぐ結果を求めてしまうと、思うような結果を得られずモチベーションが下がってしまいます。そうなると、継続が難しくなってしまうため、なるべく長い目でコツコツ取り組むことを意識してみてください。

 

貯蓄成功のカギ!参考にした書籍

西が家計の見直しを行った際に参考にした書籍をご紹介いたします。

この書籍たちに何度も助けられ、節約に対するモチベーションを上げていたと言っても過言ではありません。ぜひ1度チェックしてみてください。

 

いまさら聞けないお金の超基本

節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本 節約・貯蓄・投資の前に(前サブ) [ 泉美智子 ]

価格:1,296円
(2019/4/11 13:31時点)

稼ぐ」「使う」「貯める」「納める」「増やす」などのお金を機能別に章分けし、一からおさらいできる実用書です。イラストを交えて書いてあるので、誰でも理解しやすいと思います。

 

誰も教えてくれないお金の話

誰も教えてくれないお金の話 (Sanctuary books) [ うだひろえ ]

価格:1,404円
(2019/4/11 13:37時点)

コミックなので読みやすく、内容がスッと入ってきやすかったです。

主人公が、家計、会計、住宅ローン、保険、年金、資産運用、出産、 子育てについて、数多くの失敗を乗り越えていくストーリー展開で、つい誰かに話したくなるお金のトリビアが満載

 

一発合格!漫画で攻略!FP技能士3級

一発合格!マンガで攻略!FP技能士3級19-20年版 [ 前田信弘 ]

価格:1,296円
(2019/4/11 13:46時点)

上記2冊を参考に節約を始めるとドはまりしたので、その勢いで勉強出来たらと思い購入した本。こちらもコミックなのでさらっと読めて、教科書部分とのメリハリがあり、FPの資格に興味がある方にぜひおススメしたい一冊

 

最後に

西家が年250万円の貯金に成功したのは、

  • 貯金の仕組み化
  • 固定費の削減

この2点に取り組めたことが大きいと思います。

億劫でまだ手を付けていない方、この記事を読んでくださったということは、少なからず現状を打破したいと思っていらっしゃるはずです。

今がその時だと思います。ペンと紙さえあればすぐ始めることが可能なので、ぜひ一緒に取り組みましょう!

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。